So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択

稀勢の里に髷掴み反則疑惑!? 「照ノ富士」との優勝決定戦にて! [スポーツ]

こんにちは雅(みやび)です。

横綱「稀勢の里」の逆転優勝が話題
なっていますね!

まさか、手負いで逆転優勝するとは
横綱になってから非常に強く進化を
遂げたイメージですが。

ただ、その優勝を競った「照ノ富士」との
最初の1番は髷を掴み反則なのではないか?
っという疑惑が立っています。

髷を掴み反則勝ちしたということなら
ちょっと稀勢の里関を軽蔑してしまいますが、
真相はどうなのでしょうか?

ネットの反応などを見ながら検証してみました。


スポンサードリンク





■稀勢の里に髷掴み反則疑惑の映像とは!?




これがその映像ですね・・・
確かに髷(まげ)を掴んで投げているように
感じてしまいますね。

物言いがつかないってことはそう見えた
だけなのでしょうか?


スポンサードリンク





■髷掴みは反則なのか?


相撲協会で定められている相撲の禁じ手は
下記の8つとなります。

1.握りこぶしで殴ること。
2.頭髪を故意につかむこと。
3.目やみぞおちなどの急所を突くこと。
4.両耳を同時に両手で張ること。
5.前立揮をつかみ、また横から指を入れて引くこと。
6.喉をつかむこと。
7.胸や腹を蹴ること。
8.一指または二指を折り返すこと。

今回の稀勢の里の髷掴み反則疑惑は
2番の「頭髪を故意につかむこと。」に該当
しますね。どうなのでしょうか?

2015年に「千代鳳」関が3場所連続で
「髷掴み」を食らって反則により反則勝ち
したことが話題になったこともありました。
千代鳳3場所連続「まげつかみ」の反則勝利

この時は物言いがついての反則勝ちですね。
ちなみに神聖なる国技である相撲の力士は
自分から髷を掴まれたなど申告はしません。

照ノ富士が掴まれていたと感じていても
自分から言うことはありませんし。
恐らく、引退後もそういう女々しい
ことは口にしないでしょう・・・

つまり親方連中が物言いで判断して
初めて反則は明らかになるのです。

ちなみにですが。
2014年10月2日におこなわれた理事会で
「頭髪を故意につかむこと。」の
「故意」という表現は削除されたそうです。

つまり「頭髪を故意につかむこと。」
なのでワザとでなくても反則になるという
ことですよね。

んー、稀勢の里・・・
髷を掴んでしまっているような気がしますが・・・

■雅eye(考察)


稀勢の里の髷掴み反則疑惑!
どうなんでしょうね。

まぁ、物言いがつかなかったのですから。
これから覆ることはないのですが。

真相を知っているのは稀勢の里本人と
照ノ富士のみということですね。

まぁ、稀勢の里関には
これからも強い相撲を取り続けてくれた
ら自然にこんな疑惑も消えて無くなるでしょう。

稀勢の里関、2場所連続優勝
おめでとうございます!


スポンサードリンク




コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。