So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択

吉原義人(天才刀鍛冶)が情熱大陸に出演! [テレビ番組]

こんにちは雅(みやび)です。

4月16日の情熱大陸は天才刀鍛冶と
言われる吉原義人(よしわらよしんど)さんが
出演されますね!


今、世界的にちょっとした日本刀ブーム
なんですかね?寿司をはじめ日本の文化に
注目が集まる中。世界各国の剣という形の
武器の中でもずば抜けた性能を持つ、
「刀」が注目されるのは当然のことですよね。

そんな刀を造る刀鍛冶の中でも天才と
言われる吉原義人さんはどんなひとなのか?

情熱大陸放送前に調べてみました!


スポンサードリンク





■吉原義人(よしわらよしんど)プロフィール


1943年2月21にち東京葛飾区生まれで
御年74歳なんだそうです!

とても若く見えますよね!

刀鍛冶は日本に300名ほどしかいなくて
その中でも刀鍛冶専業で食べていける人は
ほんの一部という厳しい世界で吉原義人
さんは最高峰の「文化庁認定刀匠」と
いう称号の天才刀鍛冶として有名なんだ
そうです。

吉原義人さんの家系は代々刀鍛冶の
家系で吉原義人さんで4代目。

また、吉原義人さんの叔父さんは。
あの映画「ラストサムライ」で
刀鍛冶役として名前が出てくるのだ
そうです。

凄過ぎです。

そんな吉原義人さんですが。
1982年には史上最年少の39歳で
「無鑑査認定」を受けます。

この「無鑑査認定」というのは
吉原義人さんが造った刀であれば監査
なしで出品が可能といういわば、国から
名工としてお墨付きが与えられたと
いうことになるだそうです。


スポンサードリンク





その後、吉原義人さんの造った刀は
高松宮賞や文化庁長官賞を受賞。

20年に1度奉納される
伊勢神宮の御神刀」にも3回も選出
されたそうです。

今や、吉原義人さんの刀は世界各国から
引き合いがあり、あのアメリカ
メトロポリタン美術館からも引き合いが
あったそうです。

■雅eye(考察)


日本文化が世界から注目される中で
ついに「日本刀」にもスポットライトが
当たってきていますね!

戦後、日陰だった業界ですが。
数百年に及んで脈々と受け継がれてきた
日本の匠の技の伝承者である吉原義人さん。

今後、また日本の刀鍛冶が隆盛を誇ることに
なるキッカケを作り上げて欲しいですね。


スポンサードリンク










コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。