So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成

ラウドネスの入国禁止(拒否)理由は?トランプ政権の影響なのか!? [ニュース]

こんにちは雅(みやび)です。

日本のヘビーメタル業界の
巨頭である4人組バンド
「LOUDNESS(ラウドネス)」が
全米ツアーの為にアメリカを訪れて
シカゴ空港で入国禁止処置(拒否)されて
いたことが発覚したそうです!

アメリカはついに、アラブのテロ懸念国の
国民だけではなく、友好国である日本の
国民まで入国禁止(拒否)する流れなの
でしょうか!?

それとも「LOUDNESS
(ラウドネス)」という4人組バンドは
入国禁止(拒否)されるほどに危険な
バンドグループなのでしょうか?

入国禁止(拒否)された理由を調べて
みました。


スポンサードリンク





■「LOUDNESS(ラウドネス)」入国禁止!


1981年に結成され、84年にアメリカにも
進出。翌85年に発表したアルバム
「サンダー・イン・ジ・イースト」が
米ビルボード誌のチャートで最高74位を
記録したほどというアメリカでも実績の
あるバンドグループがなぜ、入国を
禁止(拒否)されてしまったのだろう?

アメリカ側の理由としては。
「ツアーを行うのであればビザが必要」

つまりはビザを持っていなかった為に
入国を禁止されてしまったということです。

ラウドネスは19日から全米7箇所の
ライブツアーを行う予定でした。


スポンサードリンク





ただ、ここで疑問が。
アメリカに旅行に行ったことのある人なら
疑問に思ったと思うのですが。

アメリカって「ビザ必要だったけ?」と
いうことです。

アメリカには「非移民ビザ」と「移民ビザ」が
あります。日本人にとってはまた別の話で
旅行者であれば「ビザ免除プログラム」と
いうものがあり、日本は「対象」となりして、
90日間の滞在であれば「ノービザ」で
大丈夫なのですが。

ラウドネスの全米ツアーはさすがに90日
以内のスケジュールだったと思われます。

しかし、この「ビザ免除プログラム」にも
落とし穴が!

実はこの免除プログラム。
旅行者であれば適用ですが。
「商目的」での入国の場合は適用外と
なるのです・・・

ラウドネスは今までも今回と同じく
ノービザで入国できていたそうですが。

そこは現地のライブ主催者からの招待が
あるので「大目に見てもらっていた」と
いうのが実情で。

今回はトランプ政権下で審査が厳しくなった
のが原因とは必ずしも言えず。

今回の入国係員がたまたま法律に厳格な人
だったという可能性もあるのだそうです。

ちなみに噂ではラウドネスはトランプ
政権以前にも入国禁止(拒否)になった
ことがあるのだそうで。

基本的にバンド活動(商目的)の場合は
ビザ申請してから入国するのが法律に
則った行動ということになりますね。

■雅(eye)考察


過激なバンドグループのアメリカ入国
禁止(拒否)ということで何事かと
思いましたが。

シンプルにバンドツアーなどの商業
目的の入国はノービザではダメだったと
いうことでしたね。

ライブを楽しみにしているファンの方々も
悲しい気持ちになっていると思いますので。

次回からは入国に関してはロック精神を
捨てて。素直に法律通りに行動してほしいですね。w

ファンのためにも!


スポンサードリンク



コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0