So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成

草津白根山が噴火!警戒レベル3へ噴火時の状況は? [ニュース]

こんにちは雅(みやび)です。

群馬県にある草津白根山が噴火したそうです。

有名な草津温泉のある場所ですが
大丈夫なんおでしょうか?

噴火の警戒レベル3へ
引き上げられている状況です。

噴火時の状況はどのような感じだったの
でしょうか?

調べてみました。


スポンサードリンク





◆草津白根山が噴火!





草津温泉のある草津白根山が噴火したそうです。

度々、小規模な水蒸気爆発のような噴火は
散見されていた火山ですが、本格的な噴火と
なれば観測史上初の出来事になりそうです。

◆草津白根山が噴火!警戒レベルは3へ!


今回の噴火に伴い、草津白根山の噴火した
火口にほど近い草津国際スキー場では
雪崩や噴石が降ってくるなどで被害者も
出ているようです。

気象庁は噴火警戒レベルを1(活火山である
ことに留意)から3(入山規制)に
引き上げ、注意を呼びかけているとのことです。

【噴火警戒レベル】
レベル1:活火山である事に注意
レベル2:火口周辺規制
レベル3:入山規制
レベル4:避難準備
レベル5:避難

まだレベルは3の入山規制なので火山へ
近づかなければ良い程度ですね。

麓の草津温泉には影響は無いと思われますが、
火口から近い草津国際スキー場は規制地域に
含まれているのでしょうね。


スポンサードリンク





◆草津白根山が噴火!噴火時の状況は?


噴火が起こったのは23日10時10分頃との
ことですが。

噴火時の状況はどんな感じだったのでしょうか?




噴火と同時に黒い火山灰と噴石も降って
来ていますね。

そして雪崩も発生しています。



現在もリフトの頂上で80名が取り残され
ているそうなので。

早急な救助をお願いしたいところですよね。

◆まとめ


23にち10時10分に発生した草津白根山の
噴火はもし本格的な噴火であれば観測史上初の
出来事となります。

噴火した当初は火口から近い草津国際スキー場へ
火山灰、噴石が降り、雪崩も発生、多数の犠牲者が
出た模様。

また、現在も80名が山頂で取り残されているので、
まだまだ気が抜けない状況が続いています。

以上、草津白根山が噴火!警戒レベル3へ噴火時の
状況は?でした。


スポンサードリンク








コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。